ストレスと抜け毛

私たち人間は、強いストレスで多くのトラブルが生じます。そのトラブルは人体の最も弱っている所に現れやすいという性質がありますので、それが髪の毛に起きた時に抜け毛をもたらします。 また、髪の毛の生育に必要な栄養に「亜鉛」があるのですが、ストレスで亜鉛が多量に消費されることになります。そうしたら、髪に大切な亜鉛が充分補充されなくなるようです。

 

ストレスで自律神経の配分が悪化すると血の巡りが悪化して、頭皮や髪の毛に届けられる栄養が欠乏することがあるのです。他にもストレスが原因で男性ホルモンの分泌が多くなり、抜け毛の要因へとつながります。それ以外にも、ストレスが引き金となって身体の不具合が生まれると、そのために大量の栄養素が使われ髪に栄養分が行き届かなくなることもあるんです。 この様に、ストレスと抜け毛は緊密に関わりがあります。

 

ストレスが原因で起こる抜け毛の症状

 

ストレスによって発生しやすい抜け毛の最たる症状が、「円形脱毛症」でしょう。ストレスとの明確な関わりは解明されていませんが、ストレスが第一歩として免疫がおかしくなり、髪の育生を妨げてしまうと言われています。

 

また、女性の脱毛でひときわ多い「びまん性脱毛症」とか男性ホルモンが影響を与える「女性男性型脱毛症」も、ストレスが発症の原因と言えそうです。ストレス解消で抜け毛が好転するのも ストレスが原因のならば一時的な事がよくあり、ストレスが解決されればおのずと治まることが少なくありません。

 

抜け毛を防ぐにはストレスを溜めないこと。適度な運動、カラオケ、仲間とのお喋り、旅行など、ストレス発散法を探してください。また好みの音楽を聴いたり、映画鑑賞や、ゆったりと入浴したりとか気分転換できる時間をもつことも大切だといえます。

 

また、育毛剤を利用したマッサージも効果的。ストレスが原因で血流がひどくなっている頭皮を育毛剤でマッサージすると、血行を促進し頭皮と髪への栄養補給も見込めます。

 

抜け毛の悩みが深刻でしたら、早い内に専門医にかかりましょう。1人で悩んでいることがストレスとなって、抜け毛を悪化させる場合もあるのです。専門医から抜け毛に関しての知識を身につけることも、心配が克服される方法のひとつです。

 

女性用育毛剤なら【ベルタ育毛剤】

美髪

医薬部外品の育毛剤の正しい使い方

医薬部外品の育毛剤を購入して使う場合は、医師の処方するAGA治療薬と比べて、穏やかな効き目をどれだけ活用できるかが大切です。

 

医薬品とは異なり、医薬部外品ですからむやみに期待してはいけません。だけれど育毛剤が効きやすい環境ならば、気軽に使えるのも医薬部外品の良さです。

 

このような育毛剤を活用方法は、入浴中や入浴後のヘアケアです。入浴中に正しい洗髪をおこない、頭皮の状態を整えて、育毛剤を用います。

 

シャンプー後は頭皮の毛穴が開いていまから、育毛剤の成分が毛根に浸透しやすいです。さらに、就寝前になりますが、髪の成長は真夜中ですから、就寝前の育毛剤は時間的にも効きやすいとされています。

 

育毛剤をつけるタイミングが良ければ効果を最大限に引き出すことができますから意識してみてください。

 

育毛がうまくいかないと感じている場合、正しい方法を実践していない事が多く感じます。育毛剤を使っている、もしくは購入予定の人はぜひ使い方から見直してほしいと思います。